公式フェイスブック

色の種類について

家具や雑貨の最後の仕上げとなる色について、わかりやすくまとめてみます。

ご注文の際の参考になさってください。

 

◎オイルステンや蜜蝋ワックスを使った色

 

 キャメル→ナチュラルに近い色、オーク系(黄色)、チーク系(赤色)にも対応できます。

 ブラウン→基本的にウオルナット色です。

 ヴィンテージキャメル→部分的に黒を足しながら塗っていくことで、古さを出していきます

 ヴィンテージブラウン→上記と同じ

 

 オールドブラウン→廃材のようなグレー色

 ダークブラウン→全体に黒を混ぜることで、こげ茶色になります。

 

 足場板風荒材→上記のすべての色に対応できます。

 エイジング加工→わざと打コンをつけて、古さを演出します。

 

◎ペンキを使った色

 

 ホワイトウオッシュ→木の質感を残した薄いホワイト

 ホワイト→すこしだけシャビー(コーナーを削る)にしています。

 ヴィンテージホワイト→古さを強調するために、はがすようにシャビーします。

 ヴィンテージオールドホワイト→さらにオールドリキッドを塗っていきます。

  

  ★ホワイトは通常、オフホワイトですが、真っ白やクリーム色にも変更可能です。

  

 ミントグリーン→少しブルーとグレーが入っています。シャビー仕上げ

 ブルー→グレイッシュなブルーです。シャビー仕上げ

 ナイルブルー→ブルーよりもグレイの少ないブルー シャビー仕上げ

 グレー→下にホワイトを塗ってからシャビーにします。

 ヴィンテージオールドグレー→古さを強調するため、はがすように削ったあと、オールドリキッドを塗ります。

 

  ★上記以外の色を作ることが出来ますので、見本などをお送りくださいましたら、対応いたします。

 

 

 


コメント
コメントする








   
| /PAGES |

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近のエントリー

このページのエントリー

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

検索

Feed

モバイル

qrcode